ファミレスで地震にあいました

by 石平桔平 on 2011年4月4日

人生初めて経験した大地震。

3月11日、遅めの食事をファミレスでとっているときに大地震にあいました。ひとくち食べたところで・・・(-_-;)

先輩たちも一緒にいたのですが、あまりの揺れに、恐怖を通り越して、なんか顔が引きつり笑い顔になってしまっていたのだけれど、先輩も引きつった顔して笑ってるなぁ~とか、妙に冷静でした。

揺れがおさまったとき、逃げようという人は余りいなくて、みんな普通に食事に戻ろうとしていたと思う。

でもすぐにまた余震が来て、店の人に、店の外に出るように言われました。ファミレスの人も、同じように地震で揺れたので、怖かったと思うのだけれど、店員さん冷静で、今になって感心してしまう。

玄関の窓が割れていて、調理場から非常口に出て避難。外に出たら、また揺れました。

怖すぎる・・・・地割れで割れた地面を見て、すごいことになった・・・と初めて恐怖を感じたと言うか、これは、へらへらしている場合ではないと。

しばらくしたら、回りにいた人たちが、バッグから財布を出してファミレスに戻っていったので、あ、お金払わなきゃ~と思って、私たちも店に戻りました。

が、階段の途中でまた揺れて、腰が抜けました。

何とかお金を払って、しばらく店の前の通りにいましたが、地割れの地面が怖かった。今でも余震があると、あの地面が頭に浮かびます。

その後、あのファミレスは修理が終わって再開していますが、まだ地震後、一回も行ってません。なんとなくね・・・足が向かない・・・地割れがまだそのままです。

Comments on this entry are closed.

Previous post:

Next post: