人それぞれの結婚式

by 石平桔平 on 2010年9月27日

結婚式って、本当にいろんなタイプがありますよね〜。
私の旦那が美容師をやっているので、様々な経験をしているわけですが・・・。

まあ、自分が主役になれて、一生に一度の(じゃないかもしれないけど)大イベントになるわけだし、凝りたくなるのも無理はないよね。「式自体に凝る」っていうよりは、「披露宴の方にこだわりを持つ」と言った方がいいのかな。

この間の知り合いの披露宴なんかは、ダンサー同士というのもあって、やたらと踊りまくりのエンターティメントショーと化していました。(笑)
それから、こちらも音楽仲間同士で、ひたすらバンド大会!な友達もいたな〜。
音楽好きでない人には、結構迷惑な騒音です(笑)

自分の趣味を反映させたものが、やっぱりしっくりいくんでしょうか。

私自身は、ジミ婚でいいやって感じで(お金がなかったっていうのもあるけど)式はあげずに入籍だけですませました。でも今思うと、結婚式、しておいても良かったかなって思います。

どうしていまさら、そんなこと思うのかって?

それはですね、なんとなく年をとって、感傷的な思い出、というものを欲しているからです。
あ〜泣きたい、感動したい、平凡な毎日に何か潤いと刺激を!って感じですかね(笑)

Comments on this entry are closed.

Next post: